公益社団法人日本獣医学会 The Japanese Society of Veterinary Science

告知板 2020年1月


PAGE
TOP

目次

事務局より

お知らせ

告知板への記事掲載をご希望の方は、原稿をメール添付にて事務局宛にお送りください、e-mail:office@jsvs.or.jp


越智賞受賞候補者の推薦について

越智賞は、獣医学の学術研究あるいは教育の振興に顕著な功績をおさめた会員に対し授与いたします。
推薦方法は、候補者の推薦書をご作成のうえ所属研究団体会長が、所属専門部会長にご申請ください。専門部会長は、所属研究団体会長から申請のあった候補者を、獣医学会にご推薦くださいますようお願い申しあげます。

応募期間:
2020年1月6日(月)~2月28日(金)事務局必着
推薦書類:
様式は、本会Webサイトからダウンロードしてください。
推薦書送付先:
〒113-0033 東京都文京区本郷6-26-12 東京RS ビル内
公益社団法人 日本獣医学会 事務局
※特定記録 もしくは 簡易書留でお送りください。
封筒の表に 「越智賞推薦書」 と朱書き願います。

日本獣医学会賞受賞候補者の推薦について

2020–2021年度の日本獣医学会賞受賞候補者を以下の要領で募集いたします。
本会Webサイトに掲載されている、定款施行細則第38条、第39条をご覧のうえ、ご推薦ください。

  1. 受賞資格
    1. 獣医学の領域において、顕著な研究業績をあげた正会員に対し1回限り授与。
    2. 受賞年度(2021年7月31日)において満50歳以下
  2. 候補者の推薦
    1. 推薦者:正会員3名の連名推薦による、推薦者は1名の候補者に限る。
    2. 推薦書類:推薦者3名が署名捺印を付した2部を提出。(様式1)
      1. 審査課題及び候補者の氏名、所属、受賞申請課題を明記(英文を付記すること)。
      2. 推薦理由(1,000字以内)(様式2)
      3. 候補者の略歴(様式3)
      4. 候補者の受賞対象業績一覧:会誌(JVMS)に発表されたもの。(様式4)
        学術集会に口頭発表され他の学術誌に発表された業績も考慮(それぞれの末尾に「第○○○回日本獣医学会学術集会発表」と明記すること)。
        以下のように2つにわけ、公表年代順に配列し記載方法は、JVMS投稿規定に準ずる。原著論文以外の業績は不要。
        ①申請課題に関する論文
        ②参考論文(上記以外)
        推薦書類の様式は、本会Webサイトからダウンロードしてください。
  3. 応募期間:2020年1月6日(月)~2月28日(金)事務局必着
  4. 提出先
    〒113-0033 東京都文京区本郷6-26-12 東京RS ビル内
    公益社団法人 日本獣医学会 事務局
    ※特定記録 もしくは 簡易書留でお送りください。
    封筒の表に 「日本獣医学会賞推薦書」 と朱書き願います。
  5. 選考委員会での発表について
    選考委員会を下記のとおり開催を予定しておりますので、候補者は、当日同委員会でご自身の業績を発表してください(10分間、8分に予鈴を鳴らします)。
    日 時:
    2020年4月中旬 午後予定
    場 所:
    東京大学農学部

獣医学奨励賞受賞候補者の募集について

2020-2021年度の獣医学奨励賞の候補者を下記の要領で募集します。本会Webサイトに掲載されている定款施行細則表彰規程第42条、第43条をご覧のうえ、下記の書類をご提出ください。

  1. 受賞資格
    1. 獣医学の進歩に寄与する優れた研究を行い、なお将来の発展を期待し得る正会員及び学生会員に対し1回に限り授与する。
    2. 応募申請年(2020年)の4月1日において37歳の誕生日に達しない者。
  2. 応募方法
    1. 提出書類
      所属専門部会名、最終学歴、会員歴、受賞希望研究課題名及び内容の要旨(2,000字以内)等を記載した申請書を理事長に提出する。
      様式は、本会Webサイトからダウンロードしてください。
    2. 対象業績:会誌(JVMS)に発表されたもの、あるいは本会学術集会で口頭発表され、他の学術誌発表された業績(末尾に「第○○○回日本獣医学会学術集会発表」と明記すること)。以下のように2つにわけ、公表年代順に配列し記載方法は、JVMS投稿規定に準ずる。
      ①申請課題に関する論文
      ②参考論文(3報以内)
    3. 応募期間:2020年1月6日(月)~2月28日(金)事務局必着
    4. 提出先
      〒113-0033 東京都文京区本郷6-26-12 東京RS ビル内
      公益社団法人 日本獣医学会 事務局
      ※特定記録もしくは簡易書留でお送りください。
      封筒の表に 「獣医学奨励賞申請書」 と朱書き願います。

    2019‒2020年度分会費納入のお願い

    2019-2020年度(会計年度2019年8月1日~2020年7月末日)になりましたので、会費の納入をお願いいたします。会費は定款第7条により10月末日までに、ご納入いただくこととなっております。会費請求及び郵便振替用紙は、8月下旬に会員の皆様に直接お送りいたしましたので、ご協力くださいますようお願い申しあげます。
    未納会費がある場合には、本年度分とあわせてお振り込みください。

    年会費:役員及び評議委員 13,000円,一般正会員 10,000円,学生会員 2,000円

    振込先(お送りした郵便振替用紙を利用されない場合):
    ゆうちょ銀行
      口座番号:00180-1-23546
      加入者名:公益社団法人日本獣医学会
      ※通信欄等には、必ず会員番号・氏名を明記してください。

    日本獣医学会学術集会 開催機関の公募

    慣例にしたがい、第165回学術集会(2022年秋)の開催機関を公募いたします。
    開催を希望される機関は、申請書Wordを下記の期日までに本学会事務局宛ご送付下さい。
    なお、開催機関の決定は本学会理事会に御一任願います。決定後は速やかに本学会と開催機関とでプログラム委員会を設置し、開催に向けて準備を始めることになります。

    申請書の記載事項:機関名と所在地、代表者名、応募理由、開催期間(案)、開催場所(案)、企画(案)、予算(案)

    応募締切:2020年7月31日(金)

    Good Reviewer賞の創設について

    皆様のご協力のおかげで、本学会の会誌「The Journal of Veterinary Medical Science」の刊行は順調に進んでいます。ありがとうございます。
    2019年より「Good Reviewer賞」を設け、本誌において数多くの査読を行い,多大な貢献を頂いた方に標記の賞を授与することが理事会で決定されました。皆様におかれましては、これまで同様、査読依頼にご協力くださいますようお願いいたします。

    (公社)日本獣医学会 理事長 久和 茂
    JVMS編集委員長 武内ゆかり

    日本獣医学会主催 ― 伊藤記念財団シンポジウム ―

    食肉・食鳥肉検査における日本とアジア諸国のHACCPの現状
    Current status of HACCP system in Japan and Asian countries

    と き:
    令和2年2月15日(土)13:00-17:00
    ところ:
    東京大学弥生講堂一条ホール
    (東京都文京区弥生1-1-1、東京メトロ「東大前駅」徒歩2分)
    参加費:
    無料 事前登録不要
    詳 細:
    詳しくは、こちらをご覧下さい。
    問合せ先:
    日本獣医学会事務局(e-mail:officeco@jsvs.or.jp)

    日本獣医学会公衆衛生学分科会 市民公開シンポジウム

    「エキゾチックアニマルに由来する人獣共通感染症」

    と き:
    2020年2月23日(日) 13:30~16:30
    ところ:
    岐阜大学サテライトキャンパス
    〒500-8844 岐阜県岐阜市吉野町6丁目31番地
    https://www1.gifu-u.ac.jp/~gifu_sc/src/
    詳 細:
    詳しくは、こちらをご覧下さい。
    問合せ先:
    〒501-1193 岐阜県岐阜市柳戸1-1
    Tel:058-293-2863 e-mail:inoshima@gifu-u.ac.jp

    第4回獣医微生物学フォーラム 開催案内

    秋に開催される日本獣医学会学術集会で発表の機会を逸した若手研究者の発表の場となることを期待して開催。

    と き:
    令和2年3月7日(土) 13:00開始予定
    ところ:
    東京大学中島薫一郎記念ホール
    〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農学部内
    http://www.a.u-tokyo.ac.jp/nakashima/index.html
    参加費:
    無料(懇親会参加費は3,000円程度を予定)
    参加申込み要領
    1. 電子メールでの申込みとします。
      申込先アドレス andok237@affrc.go.jp
    2. 申込み方法
      件名は「参加申込み」とし、所定の申込フォーム(Excel)に下記事項をご記入の上、メールに添付してください。
      氏名,所属,メールアドレス,住所,電話番号等,懇親会参加の有無
    3. 申込み締切:演題登録(抄録提出)締め切り:令和2年2月14日(金)正午
    4. 当日の参加も受け付けますが、できる限り事前申込みをお願いします。
    5. 発表資格は「年齢は35歳以下、発表者または代表連絡者のどちらかが日本獣医学会に 所属していること」とします。
      抄録原稿作成要領等詳細につきましては、本会Webサイトをご覧ください。
    問合せ先:
    遠矢 幸伸(日本大学 生物資源科学部 獣医学科 獣医微生物学研究室)
    安藤 清彦(農研機構動物衛生研究部門 ウイルス・疫学研究領域)
    Tel:029-838-7844 Fax:029-838-7880(代表)
    e-mail:andok237@affrc.go.jp

    第3回東アジア合同獣医学会について

    ホームページが開設されました。https://ckjsvs.wixsite.com/ckjsvs

    と き:
    2020年4月30日(木)~5月2日(土)
    ところ:
    台湾・屏東科技大学(NPUST)
    抄録締切:
    2020年3月29日

    (公社)日本獣医学会 理事長 久和 茂

    JVMSの印刷体廃止について

    日本獣医学会の学術誌The Journal of Veterinary Medical Science(JVMS)は印刷体が廃止され、2017年(第79巻)第1号からPubMed Central(PMC)およびJ-STAGE上の電子配布のみになりました。これまで「告知板」として本誌に掲載していた会員への連絡事項については、本学会のホームページ、電子メールまたは郵送物を通じて周知いたします。ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。
    なお、Eメールアドレスの登録をされていない会員で、電子メールでの通知をご希望の場合は、会員専用ページ(My page)からEメールアドレスをご登録ください。

    会員専用ページ(My page)について

    新入会手続き、会員情報(一部除く)の変更、会費のお支払状況の確認がWeb 上から出来ます。
    本会ホームページ「会員My Page」から会員ID・パスワードを入力し、ログインして会員情報をご確認ください。
    会員専用ページ(会員My page)


    2020年度一般財団法人旗影会研究助成 募集要項

    1. 研究助成の趣旨:
      一般財団法人旗影会は、初代理事長の故中島董一郎(キユーピー・アヲハタグループ創始者)の出捐をはじめ、各方面よりの篤志を基金として、畜産、畜産工業その他農畜産、食品工業等に関する学術研究を行う研究者および研究グループに研究助成金を交付し、我が国の学術の振興、文化の向上等に寄与することを目的とします。
    2. 研究助成の対象および金額:
      1. 一般助成
        以下の分野に関する研究
        1. 畜産
        2. 農産
        3. 食品工業および調理科学
      2. 特別助成
        タマゴに関する研究
        (新規活用、健康機能、衛生、調理科学、食文化に関する研究など)
      3. 助成金額および採用予定件数
        一般助成 100万円/件 40件程度
        特別助成 200万円/件 10件程度
      4. 助成の対象となる活動の実施期間:2020年4月1日から2021年3月末日まで
    3. 応募資格:
      • 国内の大学・研究機関に所属している個人またはグループ
      • 申請テーマについて、国その他の機関から助成を重複して受けていないことを原則としますが、既に他の機関等からの助成を受けている場合は申請時に申告ください。
    4. 応募方法:財団のホームページに掲載。
    5. 応募期間:2019年12月上旬~2020年1月31日(必着)
    6. 選考の方法:事務審査の後、当財団選考委員会の議を経て、理事会で決定します。
    7. 助成金交付予定:2020年6月上旬
    8. 問合先:
      一般財団法人旗影会 事務局
      〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-4-13
      Tel:03-3407-7111
      e-mail:kieikai@nakashima-foundation.org

    三島海雲記念財団 2020年度学術研究奨励金

    1) 対象分野
    自然科学部門:食の科学に関する学術研究
    上記「食の科学」に関する学術とは、食品素材、製造・加工・調理、発酵・微生物利用、栄養・嗜好・生理機能、食の安全、疾病予防などに係る研究を対象とする。

    2) 助成内容
    (1)「個人研究奨励金」:1件当たり100万円 両部門計 60件程度
    (2)「共同研究奨励金」:1件当たり200万円~500万円 両部門計 3~5件程度

    3) 募集期間:2020年1月10日~2月28日

    4) 詳細はホームページをご参照ください。
    三島海雲記念財団 学術研究奨励金(研究助成)

    5) 問合せ先
     TEL: 03-5422-9898 FAX: 03-5422-9733
     E-mail:mishimak15@mishima-kaiun.or.jp

    2020 International Canine Health Awards(英国The Kennel Club)

    1) International Prize in Canine Health
    犬の健康に関する研究(疾病の基礎/臨床研究や福祉の研究などを含む)に £40,000 (約5,600,000円) の研究費を助成します。

    2) International Lifetime Achievement Award
    犬の健康増進に大きく貢献した獣医師/研究者個人を表彰します(賞金 £10,000:約 1,400,000円)。

    申請は簡単なwebの入力フォーム(International Award Nomination/Application Form)に入力いただくだけです。

    登録方法:
    https://www.thekennelclub.org.uk/ICHAにアクセス頂き
    International Canine Health Awardsのページから
    → How to Apply for or Nominate someone for the International Canine Health Awards
    → International AwardあるいはLifetime Achievement Awardの”Application Form”
      をクリックし入力フォームをダウンロードして下さい。
    入力頂いたフォームを英国事務局icha@thekennelclub.org.ukにメールにてご提出下さい。
    申込締切:
    2020年1月31日(英国時間)
    詳しくは英国The Kennel Club ホームページ https://www.thekennelclub.org.uk/をご参照下さい。
    連絡先:
    イギリス: The Kennel Club icha@thekennelclub.org.uk
    日本: 日本獣医生命科学大学・獣医臨床病理学教室 盆子原 誠
    e-mail: bonkobara@nvlu.ac.jp

    第16回日本獣医内科学アカデミー学術大会(JCVIM 2020)

    と き:
    2020年2月21日(金)~23日(日)
    ところ:
    パシフィコ横浜 横浜市西区みなとみらい1丁目1-1
    主  催:
    日本獣医内科学アカデミー(JCVIM)
    内容の詳細:
    大会ホームページまたは フェイスブックでご確認ください。
    参加申し込み:
    事前登録を2020年1月20日(月)にて締切ました。
    問合せ先:
    JCVIM 2020年大会事務局
    〒105-8335 東京都港区芝3-23-1 セレスティン芝三井ビルディング
    株式会社JTBコミュニケーションデザイン内
    Tel:03-5657-0773 Fax:03-3452-8550
    e-mail:jcvim@jtbcom.co.jp

    第47回日本毒性学会学術年会

    と き:
    2020年6月29日(月)~7月1日(水)
    ところ:
    仙台国際センター
    (仙台市青葉区青葉山無番地)
    主 催:
    一般社団法人日本毒性学会
    第47回日本毒性学会学術年会
    年会長 広瀬 明彦(国立医薬品食品衛生研究所)
    テーマ:
    “One Toxicology” ワントキシコロジー
    -毒性学の知性をすべての生命(いのち)のために-
    詳細については大会ホームページをご覧ください。

    Copyright (c) The Japanese Society of Veterinary Science