The Japanese Society of Veterinary Science
TOP Q&A > 動物の病気や健康
Q:COVID-19(SARS-CoV-2)ウイルスのペット動物への感染について

ペットが新型コロナウイルスに感染したとの海外ニュースが報道されていました。
我が家では犬を飼ってますが、散歩で他の犬との接触で感染することがあるのでしょうか?
また家族がかかった場合、動物もすぐ隔離した方がよいでしょうか。

お答え

 COVID-19ウイルスのネコ、イヌの野外感染例やフェレット、ハムスターの実験感染例が報告されています(PDF参照)。この中では、ネコが最もウイルスに対する感受性が高いようです。しかし、野外感染はいずれも孤発例で、同居する動物への感染さえ見られないレベルです。また、実験感染例は、通常あり得ないような飼育密度で高濃度のウイルスを接種しており、野外での状況を反映するものではありません。

 また、感染したペットから人へ感染したという報告はなく、その可能性は極めて低いです。ですから、飼い主さんはペットへのウイルス感染について、特に神経質になる必要はなく、特別な措置は必要はありません。

すでに、獣医師会や各機関より以下の推奨がされているので、念のためそれらを守っていればペットに健康被害が生じることはありません。
 ・屋外での人や動物との過度な接触は控えること。
 ・ネコはできるだけ屋内で飼うこと。
 ・イヌの散歩はリードをつけること。ドッグランは避けること。シャンプーをすること。
 ・感染者や疑われる人はペットとの濃厚接触は控えること。信頼できる知人への依頼や民間への委託を検討する。

参考
厚生労働省:
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/doubutsu_qa__00001.html
日本獣医師会:
http://nichiju.lin.gr.jp/covid-19/ https://seo.lin.gr.jp/nichiju/suf/topics/2020/20200502_02.pdf
東京都獣医師会:
https://www.tvma.or.jp/public/2020/05/post-66.html
https://www.tvma.or.jp/public/items/1-20200514.pdf
日本ウイルス学会:
http://jsv.umin.jp/news/news200210.html

堀本泰介
(日本獣医学会 微生物学分科会/東京大学大学院農学生命科学研究科)
(2020/7/9 掲載)

連絡先 日本獣医学会事務局
officeco@jsvs.or.jp | Fax: 03-5803-7762
〒113-0033 東京都文京区本郷6-26-12 東京RSビル7階

Topページに戻る