The Japanese Society of Veterinary Science
Q&A > 獣医大学・免許について

Q:動物の歯医者になるためには、どのようにしたらいいでしょうか?

動物の歯医者になるためには、どのようにしたらいいでしょうか?
獣医師の資格はいりますか?

また、トリミングするにはトリミングの資格等がいるのでしょうか?

お答え

 動物の歯医者になるためには、どうしても獣医師免許が必要です。獣医師免許を取得するためには、全国17大学に設置されている獣医学科に入学し、6年間の教育を受けた上で、獣医師国家試験に合格する必要があります。しかし、根本的な問題点として、歯科教育を行うべき獣医科大学に専門教員が非常に少ないことから、他の診療領域と比較して、歯科に関する教育は決して十分ではありません。そのような状況から、将来、飼い主から信頼される動物の歯医者になるためには、獣医師免許を取得後、歯科に関係する研究会に積極的に参加し、また、歯科を得意とする開業獣医師の下で研修するなどして、自発的に勉強を続ける必要があります。


​ また、職業としてトリミングを行うことについては、獣医療のように法的な制限はありませんので、免許はいりません。しかし、飼い主に喜んでもらえ、また、動物の健康に危害を与えないようにするためには、正しく、高度な技術を取得しなければいけません。そのためには、トリミングを教える専門学校で勉強することが必要と考えられます。また、国家資格や免許とは別に、トリミングの関連団体によってトリミングの技能を認定する民間の資格制度が複数存在しています。これらの資格取得を目指して、プロフェッショナルとして自己研鑽することは、とても良いことだと思われます。

中山 智宏(日本大学生物資源学部獣医学科)
(2019.12.26 掲載)

日本獣医学会事務局
office@jsvs.or.jp | Tel: 03-5803-7761 | Fax: 03-5803-7762
〒113-0033 東京都文京区本郷6-26-12 東京RSビル7階

Topページに戻る