The Japanese Society of Veterinary Science
 
Q&A > 野生動物・動物保護・仕事について
Q:写真の動物の骨はなんですか?

先日山梨県某所で動物の骨を発見したのですが、これは何の動物であるのかお尋ねしたくてご連絡させていただきました。
お教えいただけたら幸いです。

photo

お答え

あなたが見つけられた動物の骨ですが、おそらくニホンジカ(ホンシュウジカ)だと思われます。
お送りいただいた写真ですと細部が鮮明でないため推測になりますが、上顎の切歯(前歯)がないことと蹄(ひづめ)が二つと思われるので、反芻(はんすう)類であると考えられます。
反芻類とは胃が4つある動物の総称で、ウシ、ヒツジ、ヤギ、キリンなどがおり、上顎の切歯を欠くのが特徴です。
山梨県内で生息する野生の反芻類には、ニホンジカの亜種であるホンシュウジカとニホンカモシカが挙げられます。ニホンジカはシカ科の動物で、角は雄にしかありません
が、ニホンカモシカはウシ科の動物なので、雌でも角があり角突起と呼ばれる部分が頭の骨にも見られます。
写真の頭蓋には角突起が見られませんので、ニホンジカの雌であると考えられます。

日本大学生物資源科学部 獣医解剖学研究室
安井 禎
(2014/8/19掲載)

日本獣医学会事務局
officeco@jsvs.or.jp | Fax: 03-5803-7762
〒113-0033 東京都文京区本郷6-26-12 東京RSビル7階

Topページに戻る