The Japanese Society of Veterinary Science
 
Q&A 野生動物・動物保護・仕事について
Q:野生動物関連の仕事をしたい

私は野生動物の保護や調査に興味があり,本格的にその分野の事を学び,将来はそれに関わる仕事をしたいと考えております。
野生動物の分野で生計を立てていく事が厳しいのは重々承知の上で,その分野を目指したいと思っております。
現在,動物とは全く違う分野(食品系)の大学を卒業し,今年の4月から社会人として食品メーカーで働いていますが,やはり野生動物の事を学びたく(今は特に動物行動学に興味があります),現在進路を悩んでおります。
その中で,2つお聞きしたいことがあります。
①獣医または動物系の学科のある大学に入学し(社会人からの入学は色々と厳しいかもしれませんが),野生動物に関わる仕事を目指すべきか,それとも野生動物の事を学べる専門学校(例:東京環境工科専門学校)に入学し,野生動物に関わる仕事を目指すべきか?
②野生動物の保護や調査の仕事を目指すに当たり,今現在,やれること,やっておいたほうが良いことなどはあるか?

2013/9/19

お答え

①一般的に言って,学術的により高いレベルを目指すのであれば大学がいいと思います。もちろん専門学校でも学べることは多々あると思いますが,研究環境が整っているのは大学ですし,より多くの専門家や同志とのコミュニケーションを図りたいのであれば大学をめざすべきです。将来(職)の選択肢が広がるのも大学だと思います。
②いくつかの学会に顔を出されているようですので,情報はたくさん掴まれていることと思います。野生動物の仕事はけっこう泥臭く体力を使うことが多いので,実際フィールドに出てみることをお奨めします。野生動物の調査でなくても山を歩いたり,本格的な登山,キャンプをするだけでも多くの野生生物とのふれあいは図れるものです。一方で,虫に刺されたり,雨に降られたり,怪我をしたり,けっこうたいへんな場面に遭遇することも多いはずです。そのようなことが自分に合っているのか,あるいは逆に合っていないのかを見極めることも大事なことだと思います。野生動物の仕事は頭から入るより体で憶える方が早いと私は考えます。いつまでも思慮しているよりも何かきっかけを掴んでとにかく自分で始めてみることが肝心だと思います。
その他,これまでにQ&Aに野生動物関連のことを記していますので参考にして下さい。  以上

北海道大学大学院 教授 坪田敏男

日本獣医学会事務局
officeco@jsvs.or.jp | Fax: 03-5803-7762
〒113-0033 東京都文京区本郷6-26-12 東京RSビル7階

Topページに戻る