The Japanese Society of Veterinary Science
 
学会案内
学術集会 学会誌 動物の病気 獣医学の教育 Members Area 学会賞 行政文書 賛助会員 Q&A リンク
Q&A > 動物の病気について

Q:野生タヌキの疥癬症について

私は埼玉県和光市在住の20代会社員です。
野生タヌキの疥癬(かいせん)症について伺いたいと思います。
数年前に胴体の毛が抜け落ちて象のような皮膚になっているタヌキを目撃しました。インターネットで調べた結果、それが疥癬症だとわかりました。
以来、年に何回か目撃するようになったのですが、今月に入っては2回も、かなり弱った疥癬タヌキを、どうしたらよいのか分からず警察に引き渡しました。
タヌキをどうするのかと聞いたところ、保健所へ連れて行くとのことでした。
確かに瀕死の状態らしかったので致しかたないとは思っても、駄目はもともとでせめて獣医師の所へ連れて行けばよかったと後悔しました。
これまで、街の開発が進み、車にひかれたタヌキを幾度となく目撃しています。
さらに、疥癬が流行し地域のタヌキは全滅してしまうのではないでしょうか。
住む場所をどんどん奪われ、タヌキがかわいそうでなりません。

質問したいことは、
 1.疥癬タヌキを見つけたらどうしたらよいのか。
 2.疥癬症がこれ以上蔓延しないようにするために、私たちにできることはないか。
 3.飼い猫が万が一外に出た際、感染してしまわないか。
 です。

お答え
  1. 疥癬タヌキを見つけたらどうしたらよいのか。
    タヌキを含む野生鳥獣を保護した場合には、まず各都道府県の野生動物担当部署に連絡して下さい。各自治体によって、その後の対応が異なる場合がありますが、一般的には指定の傷病野生鳥獣保護診療機関(動物園や動物病院など)に搬送することになります。埼玉県の場合は、環境管理事務所または自然環境課にお問い合わせください。
    疥癬タヌキを発見した場合、行政機関の指示に従うのが第一ですが、保護する場合には、攻撃してきたり、(疥癬ダニは基本的には人に感染しないと言われていますが)一時的についたり、運んで飼育犬に感染させたり、また他の病原体に感染したりする可能性もありますので、皮手袋・段ボールなどの道具を用いて捕獲・搬送して下さい。

  2. 疥癬症がこれ以上蔓延しないようにするために、私たちにできることはないか。
    タヌキやキツネで発生している疥癬症がペット由来なのか、それとも元々自然界に分布していたのか、という議論があります。これまでに行われた研究結果からは、はっきりとした結論は出ていません。ただ言えることは、人間の自然破壊によってタヌキやキツネが生息場所を失った結果、生息密度が高まったり、ゴミや餌付けのために集合したりして接触機会が増して感染リスクが高まった状況があると考えられます。このことからも、私たち人間が関わって、野生動物に感染症の発生リスクを高めてしまうことは避けなければなりません。
    私たちにできることとして、
    1) 野生動物のおかれている現状について広く普及啓発し、正しく理解すること、
    2) ペットを飼う飼い主のモラル向上(捨てない・逃がさない・放し飼いにしない)、
    3) 人と野生動物の適正な関わり(餌やりをしない、ペットとは異なり自分で生きられる動物であることの理解)、
    4) 身近な自然環境を保全する努力、
    5) 調査研究に基づく環境モニタリング、などが重要と考えます。

  3. 飼い猫が万が一外に出た際、感染してしまわないか。
    イヌの疥癬症を引き起こすのは、センコウヒゼンダニで、キツネやタヌキにも感染します。一方、ネコの疥癬症を引き起こすのは、ショウセンコウヒゼンダニで、アライグマやハクビシンで感染報告があります。飼い猫が野外でタヌキから疥癬ダニに感染する可能性は少ないと思います。しかし、他の感染症防御の観点に加え、他人や自然界への配慮からも、飼い主の責任として猫を屋外に放すべきではありません。

 福井大祐(旭川市旭山動物園 獣医師)

日本獣医学会事務局
officeco@jsvs.or.jp | Fax: 03-5803-7762
〒113-0033 東京都文京区本郷6-26-12 東京RSビル7階

Topページに戻る