The Japanese Society of Veterinary Science
 
Q&A > 動物の病気や健康について
Q:猫の糞尿害について教えてください。

現在、私の職場には、猫がいます。猫の糞尿害について教えてください。
職場の天井裏には、大量の糞と尿があり(何年も前のものから現在も増えています)、部屋は、かなりの悪臭がし衛生的にも良くないと思われます。
部屋には8人いて、全員が不快に感じていますが、改善されず我慢している状況です。
この悪臭は、人体に害は無いのでしょうか?

お答え

アライグマやハクビシンといった動物も屋根裏に住み着くことがあり,また宿糞といって同じところに糞や尿をためてすることがありますので,まずは,天井裏の動物が猫であるのか,その他の動物であるかを確認する必要があります。
動物の糞・尿はかなり強い臭いがします。また,ご質問の様子では,かなり長い時間それらが蓄積しているようですので,通常の生活を営む際においてかなり不快な状況になっていると思われます。また,猫はトキソプラズマ(寄生虫の一種)の終宿主になり,卵のようなオーシストを糞便中に排泄します。このオーシストは,非常に抵抗性が強く,長期間環境中に生残し,人に感染すると網膜炎やリンパ節炎,妊婦が感染すると死流産などを起こすことが有ります。また,Q熱といった細菌による感染症の感染源になることもあります。猫回虫や瓜実状虫といった寄生虫をお腹の中に持っていることもあり,これらの寄生虫もまれに人に感染することもあります。ノミ,ダニ等を体に付けて持ち込むこともありますので,多くの猫が天井裏にすみつき,そこで大量の糞が蓄積することは,健康上好ましいことではありません。
それらの動物が排泄した糞や尿でお困りのようですが,ご自分が飼育している動物でなければ,まずはお近くの保健所に相談されてはいかがでしょうか?

日本獣医学会広報担当理事
丸山 総一
(2014/9/4 掲載)

連絡先 日本獣医学会事務局
officeco@jsvs.or.jp | Fax: 03-5803-7762
〒113-0033 東京都文京区本郷6-26-12 東京RSビル7階

Topページに戻る