The Japanese Society of Veterinary Science
学会案内
学術集会 学会誌 動物の病気 獣医学の教育 Members Area 学会賞 行政文書 賛助会員 Q&A リンク
Q&A > 動物の病気
Q:無麻酔下の歯石除去について

麻酔なしで歯石取りを行う病院があります。麻酔をする負担より良いとすすめられます。
しかし、無麻酔を反対する病院もあります。歯周ポケットも処置出来ず無意味の上、動物にも恐怖と歯へのダメージを与えるといった事からです。
病院において歯科口腔は発展途上にあるようですが、こんなに差があると飼い主は混乱します。実際無麻酔でダメージを受けたような気がしています。
医療従事者に規定は設けないのでしょうか。日本小動物研究会なるものがありながら、なぜ統一されないのでしょうか。
無麻酔処置を行っている病院は知識不足でしょうか。 別の見解と自信でしょうか。
よろしくお願いします。

お答え

獣医師やトリマー、動物看護士などが、無麻酔で見えるところの歯石除去を行った場合に、除去時あるいは除去後に多数のトラブルが発生しており、中には顎の骨の骨折や歯を折ってしまうなど重篤な障害もみられています。
一般には,口腔内の清浄化を行う処置は“歯石取り”などと言われ,爪切りと同じように扱われていることもありますが,正しくは,歯面や歯周ポケット内に蓄積された歯垢や歯石を除去し,再付着を防ぐための歯面研磨までの一連の処置で,歯周病の発生予防や進行防止を目的として行われます。このため、歯面の清掃と同時に、歯周ポケットの有無の確認やレントゲンによる歯周炎の進行度の診断、ポケット内清掃が重要とされます。
日本小動物歯科研究会では,なぜ予防歯科処置が全身麻酔下でトレーニングを受けた獣医師がすべき処置であるのか,また,なぜ無麻酔での歯石除去が良くないかについて統一見解を発表しております。本研究会のホームページ http://www.sa-dentalsociety.com/の中のお知らせのところに詳細に記載しておりますので,ご覧ください。
また,本ホームページでは,アメリカ獣医歯科学会の見解も掲載しておりますので,合わせて参考にしてください。

日本小動物歯科研究会
会長  横山 滋
(2013/10/4掲載)

連絡先 日本獣医学会事務局
office@jsvs.or.jp | Tel: 03-5803-7761 | Fax: 03-5803-7762
〒113-0033 東京都文京区本郷6-26-12 東京RSビル7階
Tokyo RS Bldg. 6-26-12 Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo 113-0033, Japan

Topページに戻る