The Japanese Society of Veterinary Science
学会案内
学術集会 学会誌 動物の病気 獣医学の教育 Members Area 学会賞 行政文書 賛助会員 Q&A リンク
Q&A
動物の病気や健康について

動物の薬や
医療器具について

野生動物・動物保護

獣医師の仕事について

獣医大学について

Q:動物の医薬品研究に携わりたい

初めまして。高校二年の○○というものです。私は将来、動物の医薬品研究に携わりたいと思っています。しかし詳しい情報を全然持ち合わせていません。そこで、メールさせて頂きました。動物の医薬品の研究・開発をしている会社・企業は、日本の中にありますか?
また、そのような研究職に就くのなら、どのような大学でどのような学部・学科に進学すればよいでしょうか。

お答え

 まず、動物用医薬品のことについて簡単に説明します。日本で売られている動物用医薬品の数は約3,000にもなります。牛や豚などの産業用動物用のものから伴侶動物用のものまで様々です。その中には、動物だけに使われる特殊な薬もありますが、多くの薬は人で使われる薬とほとんど同じ成分のもので、特に犬や猫で使われる薬のかなりの部分は、人用に開発された薬そのものを転用しています。動物用医薬品の開発を行っている会社は非常に多く、製薬メーカーの約半数は規模はともあれ何らかの形で手がけています。動物薬だけを専門にしている会社もあります。そこに働く研究者や開発担当の人たちのかなりの部分は獣医師です。一方、獣医師は動物に関する幅広い知識を持っているため、製薬企業の研究所の様々な分野で活躍しています。人用の薬のマーケット規模は動物用に比べて数十倍にもなるため、製薬企業で働く獣医師のなかで人用の薬の開発に携わる人の方が圧倒的に多いことを知っておいてください。したがって、動物用の薬の部署を希望して製薬企業を受験しても、総合製薬メーカーの場合は必ずしもそこに配属されるとは限りません。
動物用医薬品に関する研究職につきたいという○○君の場合、獣医学を学ぶのが最も近道だと思いますが、薬学部や他の生物系学部出身の人もいますので、そのような選択肢もあるかと思います。

東京大学 尾崎 博

連絡先 日本獣医学会事務局
officeco@jsvs.or.jp | Fax: 03-5803-7762
〒113-0033 東京都文京区本郷6-26-12 東京RSビル7階

Topページに戻る