The Japanese Society of Veterinary Science
学会案内
学術集会 学会誌 動物の病気 獣医学の教育 Members Area 学会賞 行政文書 賛助会員 Q&A リンク
Q&A
動物の病気や健康について

動物の薬や
医療器具について

野生動物・動物保護

獣医師の仕事について

獣医大学について

Q:獣医学部に進むべきか農学部に進むべきか

 私は将来野生動物の保護活動に携わりたい思っています。そこで今、大学選びをする際に、獣医学部に進むべきか農学部に進むべきか悩んでいます。やはり保護センターなどで直接中心となって活動するためには、獣医になったほうがよいのでしょうか。農学部や理学部で生態学を学んでも、そのような現場で働くことは出来るのでしょうか。また、生態学的な立場からは具体的にどのようなことができるのか。それから保護センター以外で野生動物保護に貢献できるような活動の仕方があれば教えてもらえたら嬉しいです。
…たくさん質問してしまいすいません。よろしくお願いします。
お答え

 質問者は、将来野生動物の保護に携わりたい希望をもっておられるようですね。ぜひ初志貫徹してください。野生動物の保護活動にはさまざまなものがあり、その中の一つに野生動物救護センターでの活動があると思います。もし野生動物の救護に興味をもっておられるのであれば、その中心的な役割は獣医師が担うことになるでしょうから、獣医学を志すのが一番の近道だと思います。ただし、獣医療以外の仕事(例えば、給餌、掃除、リハビリ、ボランティアの窓口業務など)も多いですから、必ずしも獣医師でなくてもできる仕事もいっぱいあります。獣医師であっても、むしろそのような仕事もこなせる人の方が好まれるでしょう。また、動物を受け入れたときになんという名前なのか、どういった生態を有しているのか、などの知識が必要となりますので、独自にそのような学習(趣味?)を行うことも必要でしょう。
 野生動物救護以外の保護活動としては、一般的には生態学をベースとした保護管理に携わる仕事があります。各都道府県には野生鳥獣を管轄する部署が必ずあり、そこに担当者が配置されています。県によっては、さらに野生動物の専門官が配置された部署(以前のQ&Aを参照)がありますので、そのようなポストを目指すのがいいかと思います。そこでは、野生動物の個体数管理、狩猟の管理、農林業への被害管理(有害駆除など)、生息地管理など、いわゆるワイルドライフ・マネージメント(野生動物の保護管理)が行われています。
 上記のような行政側の立場からの保護や保護管理以外では、希少野生動物の人工繁殖(主に動物園で行われています)やヒトと動物の共通感染症の解明(主に大学や研究所で行われています)などの仕事があります。野生動物を取り巻く問題は多種多様で、野生動物救護はその中の一つのアプローチ法です。そのようにご理解ください。

岐阜大学応用生物科学部獣医学講座 坪田 敏男

連絡先 日本獣医学会事務局
officeco@jsvs.or.jp | Fax: 03-5803-7762
〒113-0033 東京都文京区本郷6-26-12 東京RSビル7階

Topページに戻る