The Japanese Society of Veterinary Science
学会案内
学術集会 学会誌 動物の病気 獣医学の教育 Members Area 学会賞 行政文書 賛助会員 Q&A リンク
Q&A
動物の病気や健康について

動物の薬や
医療器具について

野生動物・動物保護

獣医師の仕事について

獣医大学について

Q:動物保護官の仕事内容と就職状況を教えて下さい

動物保護官の仕事について私は今、動物保護官という仕事に少し興味をもっているのですが…実は、あまり動物保護官という仕事の内容を分かっていません。なので、動物保護官の仕事内容と就職状況を教えて下さい。また、中学生の私たちに今出来る事などがあれば、アドバイスを下さい。お願いします。

お答え

おそらく日本では未だ動物保護官(あるいは野生動物保護管理官)という言葉(職域)は馴染みがないものだと思います。北米などですと、州政府あるいは各地域にDepartment of fish and game(fishは釣り、gameは狩猟を意味します)、Department of wildlife service、あるいはDepartment of natural resourceなどの部署があって、そこに野生生物の研究や保護管理(マネージメント)を行なう専門官が配置されています。日本では考えられないような予算と人材を投入して、野生生物の科学的な管理が実践されています。もちろん若い人がそういう職業を目指して大学と大学院で勉学に励んでいますし、人気が高くとても競争の激しい分野だと聞いています。翻って日本では、残念ながら未だそのような体制整備はなされておらず、国または地方自治体の中に野生生物の保護管理を実践する部署やポジションはほとんど見られません。たくさんの若い人がそのような職域で働くことを望んでいますが、実際には働く場がないというのが現状です。ただ、最近になってそのような部署を作ったり、計画を進めている県がぼちぼちと出てきました。私が知っている中では、北海道と兵庫県が最もこの分野に力を入れている地方自治体だと思います。各々環境科学研究センター(ホームページはhttp://www.hokkaido-ies.go.jp/)と森林動物共生室(人と自然の博物館との協力:ホームページはhttp://web.pref.hyogo.jp/yasei/index.htm)というところに野生動物保護管理官なる専門家が配置され、さまざまな野生動物問題に取り組んでいます(仕事の内容はホームページをご覧下さい)。兵庫県では、昨年のツキノワグマの大量出没問題への対応では専門官が大いに活躍されました。今後、いくつかの県でそれと同じような部署や職域が増えることと思います。あなたが大学を卒業する頃には今よりももっといい環境になっていると思いますので、大学や大学院でたくさんの専門知識や技術を身に付けて、野生動物保護管理の仕事に携わってください。頑張ってください。

岐阜大学応用生物科学部・坪田敏男

連絡先 日本獣医学会事務局
officeco@jsvs.or.jp | Fax: 03-5803-7762
〒113-0033 東京都文京区本郷6-26-12 東京RSビル7階

Topページに戻る