The Japanese Society of Veterinary Science
 
Q&A > 獣医大学・獣医師免許について

Q:動物の栄養について勉強できる学科はありますか。

私は現在30歳です。かねてから、自分のペット(犬猫鳥などの)と、人間の保護下の動物に、安全で最高の健康を維持できるよう、動物の栄養について、勉強してみたかったのですが、どのような学科、大学になるでしょうか?ヨーロッパ圏で探しています。

系統だった学問というのでは獣医学が一番王道な気がしますが、私の専攻が音楽だったために、難関の学科をこれからというのも難しい気がしています。また、動物の食事のチェックや、保護下の野生動物や、捨てられた動物に安全で快適な土地と環境を提供することが私の夢なので、臨床専門の獣医師を目指すわけではないのに自分が獣医学の実験で動物を殺すことは必要ないと思っています。
もし、動物の栄養を勉強できる学科というのががございましたら、ご教授のほど、よろしくお願い申し上げます。

2012/9/25

お答え

 動物が口にする食事・飼料の栄養について、ご興味を持たれているようですが、動物の栄養といっても、①犬猫、②大動物(産業動物)、③動物園や保護野生動物といった分野で内容がかなり異なりますので、まずはその部分から解説します。

 犬猫の栄養は、ペット栄養学としてヒトの食事に近い考え方となります。たとえば、年齢ごとに区切った栄養素のバランスの整え方、また病気の犬猫に対しては特別な栄養バランスや栄養補給といった考え方も入ってきます。一方、大動物の栄養は、最終的には人間の食材となる豚・牛、いわゆる産業動物に対する事を前提としています。したがって、いかに健康で肉質の良い動物を育成するかという事が重要になり、そのための飼養学です。また、動物園や保護野生動物になりますと、それぞれの動物の生態をまずは理解し、それに沿った自然に近い形で飼育・給餌していく事が焦点となります。場合によっては動物のストレスにならないように、ごく控えめな動物とのかかわりあい方、その中で許容される栄養・食事の補給といった活動になります。従って、ひとことに動物の栄養と言っても分野は多岐に渡りますので、事前にどの部分を特に勉強したいかを明確にしておく必要が有ります。
 欧米にはAnimal nutritionistという職種があり、上記の①~③のいずれかを専門分野として選んでいます。一般的には、生物系の大学・学部で動物の基礎を学んだ後、更に修士・博士課程で専門の分野の栄養学を学びます。ですので、比較的専門性の高い職種ということになります。

 ご質問では大学・学部をお考えのようですので、より一般的なコースをご紹介します。
たとえば、海外の大学ではBiology, Zoology, Animal Science, Veterinary Scienceといった学部の学習内容に栄養学が含まれます。 Animal Welfareのようなコースでも、動物福祉の一環として栄養学を学べるようです。また、国立公園のレンジャー養成を目的としたWild lifeコースを持つ大学もあります。まずは、このような学部・コースを持つ学校を調べて候補を挙げていただき、実際のカリキュラムの充実度はそれぞれの学校に問い合わせて選んでいただくのが良いのではないでしょうか?学部レベルからのエントリーであれば、さほど難易度は高くないものと想像されます。入学基準については、各校に確認ください。

 ご参考までに日本の場合ですが、大学では生物系、畜産系、農学系、獣医系の学部の中に栄養学の研究室を持つ学科は少なからずあります。ただし、授業内容としては栄養学に特化したものではありませんので、その点は注意が必要です。一方、専門学校の中にもペット関連の学校や、動物園の飼育員育成、畜産、農業といった分野の教育を行う学校がありますので、まずはこういった選択肢の中から、状況や目的に応じて学校を選ばれても良いかもしれません。

回答者:ペット療法食メーカー勤務/獣医師/博士(栄養学)

日本獣医学会事務局
officeco@jsvs.or.jp | Fax: 03-5803-7762
〒113-0033 東京都文京区本郷6-26-12 東京RSビル7階

Topページに戻る