The Japanese Society of Veterinary Science
 
Q&A > 獣医大学・獣医師免許について

Q: 獣医学部以外でも人獣共通感染症の研究をすることができるのでしょうか。

将来人獣共通感染症の研究をしたいと考えて受験勉強に励んでおります。

今まで、人獣共通感染症の研究については獣医師の仕事と思い邁進して勉強して来ました。が、最近知り合いから、人獣共通感染症の研究は獣医師以外できないのか、と聞かれました。
ビジネスと同じく、入りやすい所から入った方が将来の夢にも近づきやすいのではないかとのことです。今まで、獣医師以外考えていませんでしたので混乱してしまいました。

実際のところ、他の、例えば薬学部などから人獣共通感染症の研究などに進むことは可能でしょうか?
また、その場合は積極的に研究に参加出来ますでしょうか?獣医学部の方や医学部の方がメインで研究されて薬学部の方はその補助ということであれば今まで通り獣医学部を目指して突き進みたいと思います。

 

お答え

 獣医系の大学の受験を考えておられるとのこと,また,人獣共通感染症に関する研究に興味を持たれているとのこと獣医学関係者として大変嬉しく思います。
 獣医系以外の大学で人獣共通感染症の研究をしているところは多くはありません。医学部でも,人獣共通感染症の講義の時間は少ないようですし,それを専門に研究しているところは多くありません。その理由として,それぞれの学部では,社会においてそれぞれの分野で問題となっていることを優先的に取り上げることが多いからです。例えば,人の領域であれば,癌や心臓病,脳血管疾患などが死因の上位を占めていることから,それに対する研究が優先的に行われています。現在の日本では,人獣共通感染症の発生は,他の疾病に比べると多くはありません。ただ,鳥インフルエンザなどの重大な人獣共通感染症が発生した場合,その社会的影響,経済的な影響は極めて大きいので,発生に備えてその研究を行っておくことは,とても重要なことです。
 人獣共通感染症に関しては,動物,人,感染症が対象となるわけですから,その研究は獣医学の分野が最適といえます。実際に獣医系の大学では,微生物学(細菌学,ウイルス学),寄生虫病学,免疫学,人獣共通感染症学など,人獣共通感染症に関連する講義に多くの時間を割いていますし,人獣共通感染症の研究を行っている研究室も多くあります。ぜひ,各大学のホームページを訪れていただき,ご自分の進路の参考にしていただきたいと思います。

日本獣医学会広報担当理事 丸山総一

2013.12. 2

日本獣医学会事務局
officeco@jsvs.or.jp | Fax: 03-5803-7762
〒113-0033 東京都文京区本郷6-26-12 東京RSビル7階

Topページに戻る