The Japanese Society of Veterinary Science
 
学会案内
学術集会 学会誌 動物の病気 獣医学の教育 Members Area 学会賞 行政文書 賛助会員 Q&A リンク
Q&A > 動物の病気

Q:犬の食物アレルギーについて

犬のアレルギーについてお聞きします。
犬のアレルギーをおこす食品を知りたいと思い、ネット等で調べていると、
牛肉・豚肉・鶏肉に比べて、鹿肉はアレルギーのリスクの少ない食品とありました。
本当にそうなんでしょうか?
犬の祖先はオオカミで、オオカミの鹿を捕獲して食べていたということもあり、アレル源が少ないのでしょうか?

犬のアレル源となる食品もお教えいただけたら嬉しいです。
ご回答、よろしくお願いいたします

お答え

 人においては、アレルギーを引き起こしやすい食物として、牛乳、卵、ピーナッツ、甲殻類、魚、小麦および大豆などが有名ですが、犬においてはまだ明らかになっていません。したがって、犬において食物アレルギーを疑った場合、これまでに与えたことのない食物を用いて、症状が改善するかどうかを確かめます。これを食物除去試験というのですが、羊肉、七面鳥、アヒルまたはナマズなどの動物性タンパク質を用いることが多いです。これは、人間の食文化を考えた場合、犬にとってもこれらの摂食歴が低いと考えられるからです。鹿肉についても同様のことがいえるでしょう。「オオカミが鹿を補食しており・・・・」に関する科学的根拠は無いと思います。
 食物除去試験によって症状の改善が認められた場合、もとの食事に戻して症状が再発するかどうかを確かめますが、再発した場合においてのみ、食物アレルギーの診断が確定します。診断確定後は、アレルギーの原因食物を同定するというよりは、除去食試験の際に用いたフードで治療する場合が多いです。自家製フードを与えることも可能ですが、前述したとおり、アレルゲンの同定が困難であることや良好な栄養バランスを維持できなくなる危険性があることから、処方食として販売されている低アレルゲン性のフードを与えることが一般的です。低アレルゲン性のフードといっても、多くの種類がありますから、どれを選ぶかについては飼い主さん自身で判断することなく、必ず主治医の先生の指示に従うことが重要です。

前田 貞俊(岐阜大学)

連絡先 日本獣医学会事務局
officeco@jsvs.or.jp | Fax: 03-5803-7762
〒113-0033 東京都文京区本郷6-26-12 東京RSビル7階

Topページに戻る