The Japanese Society of Veterinary Science
学会案内
学術集会 学会誌 動物の病気 獣医学の教育 Members Area 学会賞 行政文書 賛助会員 Q&A リンク
Q&A
動物の病気や健康について

動物の薬や
医療器具について

野生動物・動物保護

獣医師の仕事について

獣医大学について

Q:動物への漢方処方について

 こんにちは。私は今、薬学部に通う大学3年生です。
将来を真剣に考えるうちに昔からの夢であった獣医さんになりたいという思いが強くなり、獣医学部への編入を考えています。
私は現在12才になる犬を飼っているのですが、ずっと薬を飲み続けている状態で、もし自分が獣医学部に進学できたら、薬剤師の知識を生かして動物に漢方を処方できたら・・と考えているのですが、動物に漢方を処方している病院はやはり少ないのでしょうか??症状を言えない動物に漢方を処方するというのはかなり難しいことと思うのですが、今後、動物への漢方処方の必要性はでてくるのでしょうか?
お答えいただければ幸いです。

お答え

動物に対する漢方薬を利用している先生は多いわけではありません。何%とは言いにくいですが。
漢方薬など東洋医学に関する獣医師の学会(獣医師以外も居ますが)である獣医東洋 医学会には、400名以上の獣医師が所属しています。それ以外の先生も漢方薬を使 用していますので少なからずいると言うことになるかと思います。
ただし、動物用の漢方薬は多くないということです。
使っている多くの獣医師が動物用として承認されている漢方薬以外に、多くの人間用の医薬品を使っていると言うことです。
ある程度動物でも薬効が分かっているもの多くありますが。。
また人間のように「証」にあわせて使用すると言った目安も少なく、情報が少ない点 が問題です。ですから人間と同じようにとか、同じような量で効果があるかは分から ないものもあります。
獣医師の経験、多くの経験のある先生方の意見や雑誌の研究発表、獣医東洋医学会で の発表などを参考に獣医師が判断して使っている状況です。
漢方薬を使用するもう一つの理由として、患者さんが希望する場合があります。
その場合は、使用可能な漢方薬と薬効、西洋薬(一般の薬と言うのでしょうか)の違 いなどを話して、患者さんに使用するかを選んで貰っています。

日本獣医生命科学大学 左向敏紀

連絡先 日本獣医学会事務局
officeco@jsvs.or.jp | Fax: 03-5803-7762
〒113-0033 東京都文京区本郷6-26-12 東京RSビル7階

Topページに戻る