The Japanese Society of Veterinary Science
 
Q&A > 獣医大学・獣医師免許について

Q: 動物園の獣医師として働くには

私は今高校2年生で獣医学科を目指しています。
しかし、獣医学科と言っても全国にあるので、どこに進学すれば良いのか迷っています。将来は動物園獣医師として働きたいと思っています。
どういう事に着目して大学を選ぶべきですか?

 

お答え

獣医系の大学の受験を考えておられるとのこと,獣医学関係者として嬉しく思います。
現在,日本には16の獣医系大学(国公立11校,私立5校)が有り,いずれの大学においても卒業し,国家試験に合格すれば獣医師免許を取得することができます。入試区分(一般受験,推薦入試など)や受験科目は各大学で異なりますので,受験する大学の募集要項をよく読んで,あなたに合った大学を選択することをお勧めします。
各大学で学ぶ内容は,それほど大きな違いはありません。現在,獣医学教育のコアカリキュラム(全カリキュラムの約3分の2)といって獣医師として最低限学ぶべき内容が決まっていますので,各大学ではそれに沿った教育が行われるようになっています。残りの3分の1は,各大学で特徴あるカリキュラムが組まれています。将来,動物園の獣医師を目指しているとのことですが,いずれの大学でも犬,猫などの伴侶動物,牛,豚,鶏等の家畜を対象とした講義や実習が中心で,動物園動物に関する科目は極めて少なく,斉一の実習はどこの大学でも行われていないのが現実です。従って,動物園の獣医師の仕事は,休み中にご自身が動物園で実習されるか,卒業後,動物園に就職してから学ぶことになります。
また,動物園獣医師の需要は極めて少なく,動物園に就職するのは極めて難しいと言わざるをえません。
獣医師の仕事は,多岐にわたっていますので,はじめから動物園獣医師にこだわらず,6年間の教育の中で,ご自身に合った仕事を選択していくことも可能です。
まずは,ご希望の大学に合格されることをお祈りいたします。

日本獣医学会広報担当理事 丸山総一

(2014.1.10 掲載)

日本獣医学会事務局
officeco@jsvs.or.jp | Fax: 03-5803-7762
〒113-0033 東京都文京区本郷6-26-12 東京RSビル7階

Topページに戻る