The Japanese Society of Veterinary Science
学会案内
学術集会 学会誌 動物の病気 獣医学の教育 Members Area 学会賞 行政文書 賛助会員 Q&A リンク
Q&A

動物の病気や健康について

動物の薬や
医療器具について

野生動物・動物保護

獣医師の仕事について

獣医大学について

Q:海外で取得した獣医の資格だけで日本で獣医の仕事をすることができますか?

  1. 海外(具体的には台湾)で取得した獣医の資格だけで、日本で獣医の仕事をすることはできますか。
  2. 上記の条件で獣医の仕事に従事できない場合、日本で取得する必要なことはどのようなことでしょうか(日本の大学を卒業する必要があるなど)。

 

お答え

日本において獣医療を行うためには、日本の獣医師免許が必須です。海外の免許では日本において診療できません。
しかし、海外で獣医師免許を取得した人が日本の免許を取ることは可能です。その場合、まず免許を取得するまでに外国で受けた獣医学教育の内容等に関する書類の提出を求められます。それらをもとに、予備試験を課すか、あるいは直接本試験を受けてよいかの判断がなされ、その上で、いずれかの試験を受験することになります。
予備試験を受けた場合、その成績によって本試験の受験の可否が決定されます。

いずれにしましても、決して簡単ではありません。また、提出書類には、当然日本語能力がある一定以上の水準であることを証明するものが求められますし、試験はもちろん日本語ですので、かなりのレベルの日本語能力が必要と思われます。
詳細は、農林水産省畜水産安全管理課、獣医事班(03−3502−8111、内線4530)※に問い合わせるか、あるいは農水省ホームページからアクセス(http://www.maff.go.jp/j/council/zyuizi/pdf/gaikoku_shikaku.pdf)してください。

東京大学、佐々木伸雄

※電話番号は2008年4月現在の番号です。

連絡先 日本獣医学会事務局
officeco@jsvs.or.jp | Fax: 03-5803-7762
〒113-0033 東京都文京区本郷6-26-12 東京RSビル7階

Topページに戻る