The Japanese Society of Veterinary Science
学会案内
学術集会 学会誌 動物の病気 獣医学の教育 Members Area 学会賞 行政文書 賛助会員 Q&A リンク
Q&A

動物の病気や健康について

動物の薬や
医療器具について

野生動物・動物保護

獣医師の仕事について

獣医大学について

Q:獣医師採用を前提とした奨学金制度がありますか?

突然の質問で失礼します。
私は獣医になりたいと思うのですが、両親には大学院まで出してもらって、いまさら獣医になりたいと、もう一度大学へ行くとは言えません。奨学金も返済してますので、金銭面でクリアになりません。
どうしても諦められずいろいろと調べているのですが、学費は病院が出してくれる代わりに、3年はその病院で働くという看護師支援の話を友人から聞きました。本当の話かどうが分かりませんが。
獣医にもそういったものはないのでしょうか?何かよい制度がありましたら、教えてください。

お答え

獣医師採用を前提とした奨学金制度の有無に関するご質問だと思います。
こういう制度は確かにあります。いろいろな県で、大動物あるいは公衆衛生関係などの獣医師を採用するために奨学金制度を設けています。しかし内容は各県まちまちですので、こういう制度の各県における詳細、あるいは全国的な各県の実施状況については獣医学会では把握しておりませんし、おそらく農水省でも把握していないと思います。したがって、各県に個別に問いあわせて、この制度実施の有無、制度の内容などについて貴方が直接調べるしか方法はないと思います。

しかし一般的には以下のことが言えるようです。

  1. この制度による奨学生は卒業年度での獣医師国家試験合格を前提とする。
  2. この制度によって奨学生として採用されても、それはその県での採用を前提とするものでは無い。言い換えれば、その県の採用試験には自力で合格しなければならない。
  3. 獣医師国家試験に不合格、あるいはその県の採用試験に不合格となった場合、それまでに給付された奨学金は、ほとんどの場合、一括返済を求められる。

以上、この制度は、獣医師は採用したいけれど、採用試験にも合格できないような獣医師は必要ない、といった厳しい制度だと言えます。
その他、一般の開業獣医師がその動物病院への就職を前提とした奨学金を出している場合もあるようですが、その件数は極く少数だと思いますし、獣医学会としてはその詳細を把握しておりません。開業獣医師の求人サイトなどがあれば、それで探して見て下さい。

なお、獣医系の大学は何処も非常に高い入試倍率になっています。獣医師を目指すのであれば、まず入試の難関を突破しなければならないことを申し添えます。貴方の夢の実現に向けて頑張って下さい。

日本獣医学会理事 谷口和之(岩手大学農学部)

連絡先 日本獣医学会事務局
officeco@jsvs.or.jp | Fax: 03-5803-7762
〒113-0033 東京都文京区本郷6-26-12 東京RSビル7階

Topページに戻る